演歌名曲カラオケ11 −村岡 実− NLRCD-7219

3,086円(税込)

定価 3,086円(税込)



村岡 実


1尺8寸による 演歌名曲カラオケ11
[NLRCD-7219]

(((楽譜付き)))




村岡ぶし 尺八編曲&模範演奏
村岡 実

カラオケ編曲=大嶋大輔
録音=三塚幸彦


1(12).風雪流れ旅     (船村 徹)
2(13).命くれない     (北原じゅん)
3(14).北の蛍       (三木たかし)
4(15).孫         (大泉逸郎)
5(16).おやじの海     (佐義達雄)
6(17).島育ち       (三界 稔)
7(18).遠くへ行きたい   (中村八大)
8(19).別れの一本杉    (船村 徹)
9(20).与作        (七沢公典)
10(21).古城        (細川潤一)
11(22).星影のワルツ    (遠藤 実)


1〜11.村岡実 模範演奏入り
12〜22.伴奏のみ(マイナス・ワン)


村 岡  実 プロフィール

宮崎県北諸県郡山田町出身。民謡尺八を故菊池淡水師に,古典尺八を都山流に学ぶ。
全音楽譜出版社編集部を経て,1959年より都山流を離れ,楽器の改良,奏法の現代化
に専念,プロとして幅広く尺八音楽の開拓に集中。 '62年より'64年まで横山勝也,宮
田耕八朗とトリオを結成。 '64年日本音楽集団結成の中心的役割を果たし,第一回発
表会後,尺八の大衆化の徹底を図るため,フリーとなりレコード界(歌謡曲,ポピュ
ラー,ジャズの世界)に進出。柔,おやじの海,与作などのヒット歌謡の伴奏で脚光
を浴びる。 '67年コロムビアレコードより発表した,尺八界初のポピュラー・ジャズ
のLP“ハーレムノクターン”がニューヨークでも好評を博す。'70年和楽器中心のグ
ループ『ニューディメンション』を結成。LPを11枚発表。 '74年ジャズ・フルーティ
ストのハービーマンとLPを制作,アメリカで発売される。'75から'78年ロックのレオ
ン・ラッセルとレコーディングを,オデッタとステージで共演を。NHKでヘレン・メリ
ルのバック,南こうせつの“恋唄”のバックなど広範囲で活躍。'79年アメリカのアス
ペンでの国際デザイン会議にて一柳慧氏と共演。'81年ロサンゼルスとサンフランシス
コのジャズ・クラブに出演。他,日本のジャズメンとの共演も多数。尺八フィーチャー
LPとCD150余枚発売。 '87年休調を崩し,36年の東京生活から太宰府市に移住。13年前
から始めた気功の甲斐もあって,現在は心身共に快調,演奏活動と,後進の指導のた
め,「自然流現代尺八むらいき会」を組織して全国的に講習会を開催。'99年5月より
生涯現役を全うすべく宮崎県綾町に転居,演奏活動を展開中。 '03年5月宮崎と東京に
て傘寿に挑戦のリサイタルを開き、記念CDを発売。 '04年7月と、'05年4月にCD「本曲
演歌独奏集」1,2を発売。 '04年12月那覇市沖縄県邦楽協会30周年記念演奏会に出演。
'05年9月,CD「本曲日本抒情歌独奏集」,'06年6月,CD「本曲ポピュラー・ジャズ独
奏集」を発売。12月,現代尺八の独習書「これぞ現代尺八」を発表。 '07年2月,CD
「村岡実の思い出のメロディ1, 2」を発売。 '08年9月,CD「演歌名曲カラオケ11」を
発表。永六輔のラジオ番組「誰かとどこかで」のテーマ曲「遠くへ行きたい」の尺八
は,村岡の演奏。現在全国ネットで放送中。

この商品を買った人はこの商品も買っています